日本生命からお金を借りる「契約者貸付」について

日本生命からお金を借りるときには、日本生命と契約していなくてはいけません。保険の仕組みとして、契約している生命保険の解約返戻金を担保に、生命保険会社からお金を借りることができます。保険の満期時に満期金が支払われる契約の保険でしか、お金を借りることはできません。日本生命からお金を借りる必要があるときには、保険の契約がなされていること、そして、その保険契約が解約返戻金があるものなのかを確認することが大切です。借りられる金額は、通常だと解約返戻金額の70%から90%の範囲内となっています。そして、この契約者貸付を受けられるのは、契約者本人だけで、手続きには所定の書類の提出が求められます。お金を借りるという行為のため、いずれかは返済すべきときが来ます。自分の契約している保険内のお金だとしても、支払われるまでは保険会社のものです。そのため、貸付金に利子がつき、その利子分の返済も必要になります。貸付金への返済に対しての請求は厳しくありません。しかし、利子は確実に付加されるので早めに返済すると良いでしょう。消費者金融などからお金を借りるよりは金利は低めのため、生命保険からの貸付も考えてみても良いでしょう。満期が来るまでに返済ができなかった場合には、満期金から差し引かれるので注意が必要です。日本生命に限らず、どの会社の保険にも、このような仕組みはありますので、どうしても資金繰りに困った時には選択肢の中に入れてみても良いのではないでしょうか。
お金借りる至急.com|消費者金融で今日中にお金を借りる方法はこちら